フリーランスの時間の使い方を考える

subpage01

フリーランスはその名の通り時間の使い方を自由にできるというメリットがあります。

その中で特に仕事ができる人は「忙しい」という言葉を発さないものです。

売れているフリーランスが忙しくないはずはないのですが、そのようなスキルの高いフリーランスの頭の中では、抱えている仕事がしっかり時間で管理されていて、その計画した仕事を淡々と行い、あわてることはなく、仕事が詰まっていようと、影響はありません。


フリーランスになりたいという人に最も大切なことはこの自分を律する基準を持つことであると思われます。つまり、業務量は変わらないのに、焦燥感を持ちながら仕事をすれば、一つ一つの仕事のクオリティが著しく下がるため、報酬も得られなくなってしまうのです。

フリーランスで行われる仕事は、プログラマやライター、カメラマンなどいろいろあります。
体が拘束されるスケジュールではなければ、いくらでも予定時間は変えられます。



そのなかで、プロの作品を作り上げるようにするためには、いつでも集中し、最高のパフォーマンスを実現するような働き方を自ら作り出すことにあるのではないでしょうか。

むろん、仕事の時間だけではなく、休息を取ることもあります。



この時にも、次の仕事のクオリティがあがるようなリフレッシュ方法を早めに身に着けること。これも、仕事に追われている感覚を持っているといつか体にガタが来てしまうので、このバランスが重要となってくるのです。