フリーランスに必要な資格はあるか

subpage01

フリーランスで仕事をしていくには、仕事の種類によっては資格が必要です。


例えば医師や弁護士、公認会計士などは国家資格を取得しておく必要があります。



理容師や美容師なども資格が必要です。一方、専門的に見えても、調理士や臨床心理士などは資格がなくても営業は可能です。



しかし、安心して仕事を任せられるフリーランスとして見られたいのであれば、資格は持っていた方がいいでしょう。

何の資格も持たない相手から営業を持ちかけられても、相手はこちらの実力を見極める方法がないので不安になってしまいます。そうなると仕事を任せてもらえる確率が低くなります。

さらに、美容室を開業するには資格だけではなく保健所への届出も必要です。

飲食店を開業するなら、食品衛生責任者の資格と、保健所から営業許可をもらう必要があります。

これらを取らずに営業開始してしまうと、営業停止処分を受けたり、罰金などの厳しい処分を課されてしまうため注意が必要です。



資格がなくても働ける仕事でも、フリーランスの中で生き延びていくためには自分をアピールできる資格が必要でしょう。
もし相手からどんな資格を持っているのか聞かれた時に、安心して任せられるとこちらからアピールできるような資格を何個か持っていたら、相手からの信頼感が増します。うまくいけば、新しい取引先を教えてもらえるかもしれません。

営業に有利になる資格は、商工会などに問い合わせてみると調べることができます。