フリーランスの不安定期

subpage01

フリーランスをしていると、収入が不安定な月が出てきます。単価が急激に下がって、幾ら働いても元の収入に追いつかないということもよくあります。
そうした場合、慌てて仕事を放り投げるのは損です。

フリーランスとしての全てをそんな簡単に捨てないで大丈夫です。

いずれ安定します。
とは言っても、フリーランスにとって単価の下落は不安定要素です。


単価が下がるとこれからやっていけるのだろうかという不安を抱えて生きていかなければいけません。



最も簡単な方法は割り切ることです。

フリーランスの世界は、単価が不安定で当たり前だと思えば楽になります。


また、クライアントと直接連絡を取り合って、安定した市場を獲得するという手もあります。
そうした場合、ある程度の交渉率が必要になります。そうした交渉の末に、お金を手に入れて、定期的にお仕事を貰えて、そして安定を確保できます。

逆に不安定だからこそ、面白いと感じる人もいます。

自分の苦手分野ばかり案件が出てくることもありますので、そうした苦手分野に敢えて挑戦していき、自分の苦手分野の克服などをして、勉強期間だと割り切ることができます。

例えばまとめサイトを作ることができない人が、まとめサイトのやり方を教えて貰ったり、色々な他サイトの機能を使いこなさなければできない仕事も覚えられます。先行投資と考えてください。



フリーランスは不安定がつきものです。



しかし、自由で楽な生活を求めるなら、どんな時でも続けるべきです。