フリーランスなら自宅開業がお勧め

subpage1

デザイナーや士業、ネット販売などのフリーランス業ならば、自宅開業がお勧めです。
店舗が入らない業種であれば、まずは自宅をオフィスとして開業すれば、開業資金を大幅に抑えることができます。
自宅をオフィスとして使うようにすれば、月々の賃貸などの固定費を抑えることができます。



すると売上のめどが立ちにくい開業直後でも、赤字のリスクを低くできます。

ただし、自宅をオフィスとして使うとプライベートと仕事の区切りがつけにくくなるというデメリットもあります。この対策としては、レンタルオフィスを利用するといいでしょう。
オフィスを複数人で共同利用することで、安価な料金でスペースを借りることができます。デスク類、電話、プリンタなどの複合機なども備え付けられていますし、会議室なども共同で使うことができます。フリーランス開業直後には、なかなか仕事が見つからずに、開業資金を取り戻せなくて焦ることが多いです。


そのためのリスク対策として、自宅開業も検討しておくといいでしょう。



フリーランスはどこで開業するかによって売上が変わりますが、ネットで仕事ができる事業であれば、比較的開業場所に売上が左右されにくいです。
ネットで仕事をしている人は、基本的には自宅で仕事をするようにして、メリハリをつけたい場合にはレンタルオフィスを借りるようにするといいでしょう。最初は自宅で仕事をして、途中からレンタルオフィスを借りて仕事をすることも可能です。



基礎知識

subpage2

会社員として働くと、休日の方も決まっていますし、残業や付き合いなどで帰宅するのが遅くなってしまうことも多いです。もちろん、職場によっては休日出勤が多かったり、有給休暇を取得しづらいところもあるでしょう。...

next

仕事の重要知識

subpage3

フリーランスをしていると、収入が不安定な月が出てきます。単価が急激に下がって、幾ら働いても元の収入に追いつかないということもよくあります。...

next

注目情報

subpage4

フリーランスはその名の通り時間の使い方を自由にできるというメリットがあります。その中で特に仕事ができる人は「忙しい」という言葉を発さないものです。...

next

納得の事実

subpage5

フリーランスで仕事をしていくには、仕事の種類によっては資格が必要です。例えば医師や弁護士、公認会計士などは国家資格を取得しておく必要があります。...

next